この項では金型の製作工程を、切削加工を例にとって紹介します。
※金型の製作方法には切削加工のほかに、精密金型鋳造、砂型鋳造などの製作方法があります。
 
1. 材料の選択
金型の材料には加工性、軽量化、熱伝導性の良さから主にアルミニウム合金を使用します。
2. 表面加工
CAD/CAMシステムのモデルデーターを元にマシニングセンターで表面の切削加工を行ないます。
3. 裏面加工
エアー回路や型ベースへの取付穴を加工します。

4. 仕上げ
1) 真空孔加工(エアー回路へ通じる極細穴加工を行ないます。)
2)
表面仕上げ(切削加工面の表面研磨を行ないます。)

5. 組立〜検査
金型を成形型ベースに組込みます。
完成後、金型の寸法検査や冷却回路、離型機構などの動作確認検査を行ないます。