わたくしたちは、ものづくりを通じて
皆様の“快適生活空間”を創造するために
常に、努力を続けています。

 

当社は、真空・圧空成型による加工技術を応用した食品容器をはじめ、農業資材、工業部品等の製作需要に応えた金型メーカーとして、1963年に設立されました。

以来、国内主要食品メーカーを対象にした食品容器の開発、その他広い分野にわたるプラスチック製品製造の技術力に高い評価を得ながら、信頼ある企業として安定した業績を保っています。

主な最終製品には、コンビニ、スーパー等で扱われている各食品メーカーの弁当容器、アイスクリーム容器、カップ麺容器、豆腐容器、卵パック、飲料カップ、デザート容器、その他化粧品・医薬品関連のトレー、電子部品の収納トレーなどがあります。

これらの製品の、企画段階でのデザイン設計から試作型の早期製作、さらに量産金型、打抜型までを一貫して生産しております。短納期による正確な金型の製作を目指し、日本のものづくりをリードする企業として日々邁進しています。

最近では、プラスチック真空成型技術のみならず、地球環境にやさしい製品の普及をテーマにし、紙及びバイオマス、生分解性樹脂を使用した食品容器の金型の開発に積極的に取り組んでいます。

今後は、今までに培われた技を継承し、発展させ、ものづくりの喜びと誇りをかけた自社製品を通じて、社会に貢献したいと考えています。創造力と個性、すばやいフットワークが自慢の当社にどうぞご期待ください。


株式会社大和工機製作所
代表取締役社長